不動産売却は住みながらでも大丈夫?方法とメリットをご紹介

2022-06-17

不動産売却は住みながらでも大丈夫?方法とメリットをご紹介

住んでいる不動産を売るとき、売却できるまでこのまま住み続けたいと考える方は多いかと思います。
しかし、住みながらでも不動産売却はおこなえるのでしょうか。
そこで茨城県県南地域の牛久市、つくば市、龍ケ崎市などで不動産売却をご検討中の方に向けて、住みながら不動産売却をおこなう方法と、そのメリットおよび注意点をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう方法とは

不動産売却は住みながらでもおこなうことは可能です。
しかし、空き家の状態で売却をおこなうよりも、条件としては不利になってしまいます。
なぜなら住みながら売却をおこなうと、生活しているところで内覧をおこなうので、生活感が出やすくなるためです。
そこで、売却がスムーズに進む方法として以下の2点が大切です。

  • 内覧の質の向上
  • 内覧の数を増やす

内覧の質を向上し印象を良くすること、内覧の数を増やしてチャンスを増やすことを心がけましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなうメリットとは

不動産売却を住みながらおこなう方法には、以下のようなメリットがあります。

  • 売却で得たお金は新居への資金に利用できる
  • 引渡し日の直前まで同じ家で暮らせる
  • 生活しているイメージが買主に伝わりやすい

不動産売却を住みながらおこなうと、売却で得たお金を新居のために使うことができます。
そのため、新居のための資金が十分に準備できていなくても、住み替えが可能になります。
また、住んでいるところでの内覧になるので、空き家を見るよりも生活しているイメージは伝わりやすいメリットがあります。
ただ、内覧で生活感が出てイメージが悪くなり売りづらい可能性があることや、内覧のためにスケジュールを調整しなければならないデメリットもあるので、注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなうときの注意点とは

不動産売却を住みながらおこなう方法には、以下のような注意点もあります。

  • いつでも内覧に対応できるようにしておく
  • 引っ越し先の検討をしておく

内覧が急に決まることもあるので、いつでも内覧に対応できるように常に部屋の中を片付けておきましょう。
物を減らし、お風呂場やトイレ、台所など水廻りも入念に掃除をおこなうと、イメージアップになります。
また、売却と同時進行で新居を探しておくことも忘れないようにしましょう。
もし売却が決まっても新居が見つからない場合は一時的に仮住まいをしなければなりません。
費用が余分にかかるので、売却が決まったらスムーズに新居に引っ越しをおこなえるようにしましょう。
そのほか、売却後もそのまま同じ家に住み続けられる『リースバック』という方法もあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却は住みながらでもおこなうことは可能です。
住みながらおこなう方法には注意点もありますが、イメージを伝えやすいことや資金面などメリットもあります。
住みながら売却をおこないたい方や興味をお持ちの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。
私たち「あおぞら不動産販売」は茨城県県南地域の牛久市、つくば市、龍ケ崎市などを中心に、不動産売却サポートをおこなっております。
不動産売却に関するお悩みがあれば、HPからお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

029-846-1670

営業時間
9:30~17:30
定休日
水曜

売却査定

お問い合わせ